最近紹介した書籍

タイトル 詳説 ActionScript 3.0
著者 Colin Moock
評価 95
難易度 3
紹介  ActionScript3の構文や仕様を確認する本としては決定版といってよい完成度です。
 ただし、言語仕様や動作解説がメインなので、入門用に簡単なアプリケーションを作りたい方には向きません。
 ある程度開発経験がある方が、知識を補強するのに読むと良いと思います。

 ついにオライリーが待ち望んだ一冊を出してくれました!! ある程度アプリケーションを作れるようになったけど、イベントとかガベージコレクションとかいまいち理解しきって無いなぁという方は是非読んでみてください。
Amazonでチェック
タイトル Trac入門 ――ソフトウェア開発・プロジェクト管理活用ガイド
著者 菅野 祐他
評価 75
難易度 1
紹介  プロジェクト管理ツール、Tracについての入門書です。
 バグ管理、Wiki、バージョン管理、タイムライン等がセットになった環境が構築でき、プロジェクト開発の強力なバックアップツールになります。

 プロジェクトの横断管理ができない点や、インストールがRedMineより難しく感じたので、ちょっと低めの75点です。
Amazonでチェック
タイトル Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版)
著者 Mike Mason
評価 80
難易度 2
紹介  バージョン管理システムのSubversionについて書かれた書籍です。
 バージョン管理といえばCVSが有名だと思いますが、SubversionはCVSの足りないところ補った改訂版CVSとでもいうアプリケーションです。
 バージョン管理システムの基礎から、Subversionの機能解説までしっかりと基礎を学ぶことができます。

 本書の後半にも書かれていますが、Subversionはプロジェクト管理システム(Trac、RedMineなど)と連携することで更に強力なツールとなります。
 未導入の方は是非。
Amazonでチェック
タイトル Flex3プログラミング入門
著者 宮田 亮
評価 80
難易度 2
紹介  FlashCS3の知識のまま、FlexBuilder3を使っているけど、コンポーネントとか、FlexBuilderの機能とか良くしらないなぁという方は、まだ多いんじゃないでしょうか?
 applicationクラス(Flexのコンポーネントの大元)にaddChildするのと、stageクラスにaddChildeする違いが自分は良くわかっておらず、多彩なコンポーネントもいまひとつ使いこなせないまま、FlexBuilderについてちゃんと書かれた本が欲しいなぁと感じていた頃に本書に出会いました。
 そして読後、FlashCS3ではなくFlexBuilder3で開発する違いが形になった気がします。
 エディタとしての機能はFlashCS3とは比較にならない位優秀ですが、コンポーネントの便利さも素晴らしいですね。
 本書の解説に戻りますが、ActionScript3の文法などの説明はほとんどありませんので、ActionScriptも含めて0から入門の方はAdobe Flash CS3 詳細! ActionScript 3.0 入門ノート (DVD-ROM付)などに目を通して基礎文法を理解してから読まれることをオススメします。
 そこらへんを加味して難易度2ですが、書籍自体は平易です。
 FlashCS3でコーディングしているプログラマさんは、本書を読んでFlexBuilder3の強力な機能を体感してください。FlashCS3のエディタには帰れませんよ。
Amazonでチェック
タイトル CakePHP徹底入門
著者 (株)イージーゲート
評価 80
難易度 2
紹介  CakePHP1.2の入門書です。
 1.1に比べてバリデーションの量が増えた(1.1が少なすぎたともいうが)点や、いくつかのコンポーネントの追加があるので、CakePHP入門者に加え、1.1との比較を行いたい方にも良いかも。
 導入部分や、CakePHPの概要を簡単に触れるbake(土台作成)の解説に多くページを割いてあるのも入門者にはいいかも。
 モデル同士の関連であるbelongToや、hasManyは書き方こそ書いてあるものの概念の説明が無くわかりずらいのが残念。

 本書もPHPの知識を前提としているので難易度は2。
Amazonでチェック